読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光景

きょうは友人とふたりで、とても良い映画を見ました。

かぐや姫の物語。2回目だけどまた泣いてしまった。

あの映画が学校で、国語の教材みたいに使われたらサイコーだなと思う。

ああいう、一見、平凡でやさしいだけの物語を、

ほんとうはとても厳しくてうつくしい物語を、何度でも繰り返し見せてほしい。

刺さらないひとにも、丹念に繰り返し刷りこんでほしい。

それはわたしのわがままだけど。

 

このところ、見るもののすべてがきちんとからだに残るような感じがする。

うつくしいものたちが、わたしの瞳にたまって、目をよくしていってくれるように思う。

風景が模様にならずに、光の粒子になって、わたしのからだにぶつかってくるから。

こういうことはとても大事だ。