読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜闇に白ばら

大学のまわりの住宅街を歩いたら、あちこちの軒先で薔薇が咲いていた。惜しいなと思った。このことを1年前に知っていたら、冬でもここを歩くのがたのしかったにちがいない。いや、知ってたんだろうか。びっくりした。

あと、顔をあげたら満月があかくてびっくりした。あかい、あかるい。あかるいという言葉は、火が赤いことからきているらしい。月があかい。夜があかるい。

生きていけると思う。きょう本文のフォントを選び直そうと思ってfont bookを開いたら、賢治の詩をつい読んでしまってちょっとくやしかった。そう短歌の本をつくろうと思って。この本ができるころには、もうすこしだけ強くなっていたい。