読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花束

母の日におくる花束のお金を払った。銀行にふりこんでいいとのことだったけど、近所なので直接お店で支払おうと思って、花屋に行った。そうしたら、「せっかくだから今、メッセージを書きますか?」と提案してくれたのだった。すごく照れくさかったのだけど、「はい」と答えて書いた。うれしかった。ちいさくて、可愛い花屋さんなのだ。庭先に菫が咲いていた。

自分用に、白薔薇のつぼみを買って帰った。透明な花瓶に挿してみた。それからオペラというまるっとした菊の花を。こちらはまだ、床に寝かせている。