読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動機はいつもやましい

夜がやわらかく思えるようになったのはいつからだろうか。今日は月も霞がかっていて優しい。初夏はもう、夕方だけ起きていられればいいくらいだ。夕陽の時間ってどうしてこんなに短いんだろう。金木犀を通過した光が小間切れになって磨りガラスに浮かんでいる。16時間は寝てしまった。疲れていて寝てしまうというよりは暑さに耐えられなくて気絶しているという感覚に近い。目が霞んでいるし、舌と口内の接触に違和感がある。熱中症かもしれない。でも幸せだからべつにいいんだけど。

すべての動機が幸せだからで片付けられる。それをしたらわたしが幸せになれると、わたしが信じるから。同じ理由で暴力を振るう人もいる。