読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学習

・持っていく本を考えるのは、帰省のたのしみのひとつだ
考えてるうちにどんどん増えちゃって、困るんだけど
幸せな悩みってやつ
結局、5日間の帰省に4冊も持っていくことにしちゃった

でも、荷物の総量はどんどん減っていく
まず画材とキャンバスが消えて
今度は代わりに勉強の資料になって
それがなくなったら
ついにパソコンもいらなくなって

…鉛筆と本があればいいや


・3月11日を語る言葉を未だに持てずにいる
今年度の授業の課題で、チェルノブイリを個人テーマに選んだのだけど
調べれば調べるほど苦しくて
中途半端になってしまった
最悪だ
この課題にデザインで応えるすべを、わたしはまだ持たない


・ノートやファイルを入れる用に、上等な鞄を買ったから、はやく新学期がきてほしい
単位はもうとり終えたんだけど、まだまだとりたい講義がいっぱいあるよ
学んで学んで、できないことができるようになりたい

今年度とった講義はどれもおもしろくて
ノートをきちんととったから
たまに見返して面白がってる
なんだか真面目なひとみたい
でも、今はそれがたのしいんだから、仕方ないよなぁ


・今は、教授にすすめてもらった詩集を、友人に貸してもらって読んでいる
なんて恵まれた読書なんだろう
学科の専任の教授は、なんだか話しかけづらくて、未だに打ち解けられないのだけど
非常勤の講師の方や、教養科目の教授は
話しかけると気さくに相手をしてくれるから
うれしくて個人研究室まで遊びに行って、おしゃべりさせてもらったりする

詩を書いているんです、と言うと
みんな打ち明け話のようにして、学生時代に読んでいた詩集を
ひとつふたつ、こっそりと教えてくれるから
それをメモしておいたのを、春休み中にすこしずつ、すこしずつ読んでいるんだけど
こういうのって、なんだかいとしいね
早く感想を伝えに行きたいな

学ばせてもらっているんだと思える
教授や学友や環境に学ばせてもらっている
今更だ
でも、今更なことを、今、心から思えるということは尊い


・スーツを着たくなさすぎて、
「スーツを着ない就職活動」ってコンセプトで動いてたのに
この前受かったバイト先の制服が
限りなくスーツに近いジャケットだったので、白目だよ~

でもお金は大事だからなぁ…
この前、友人の展示を見に行くのにお金がなくて
手元に500円しかなくて
漫画を売って交通費を賄ったりした
あのときは焦ったなあー
お金がないと差し入れもできないんだ…って

そういう気持ちは、エネルギーにしないともったいないからね
働きまぁす