読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れる

風が吹いていると安心する。もっと吹いていてほしい

強い風がバキバキ音を立てて枝を揺らしてくのを聞いていると、ぞくぞくする

長野にいたころは、人のいない、静かな2階にあがって、

畳のうえに寝そべりながら、裏山の木々が荒れるのを目を閉じてきいてたな、毎年

春とか、夏とか、あったかい季節の嵐はいいんだよね。なんていうか、生命力みなぎる!っていう感じでさ

春は初春の、寒さの残る頃がいちばん好きで、

それから先は、眠くなっちゃうからあんまり好きじゃない

 

 

もっと寒いところに行きたい。それで、火にあたってぼーっとしてたい

灯油ストーブにあたってる時の、ほっぺだけ熱くなる感じがなつかしい

春のうちに、お金をためて、ささやかな旅行に行こうかなあ

って言っても、もう2月、おわりますが……

国外とか、ほんとは行けたら行ったほうがいいんだろうけど、いかんせんお金がないし

北海道にオホーツク海を見に行きたいな。なんか、よさそう

 

 

今週あんまり人に会ってなくてさ、本を読んだり文章書いたりとか、

そればっかりしてるから、ひとと喋るための言葉づかい、忘れそう

しかも今読んでるの、古事記だし

来週はひとと会う約束がいくつかあるから、それまでに現代人に戻っておかなくっちゃあ

 

 

受験の時も思ったけれど、こういう、ものごとの節目の時期っていうのは、

自分のできることより、できないことの多さを痛感する

ぜんぜん、なんにも足りてないなあ

本を読むたびにそればかり思う

なんにも足りてない

読む力も、書く力も、ましてやつくる力も、なんだか中途半端だ

どういうやり方なら通用するのかな

戦略を練りますか。まあ、ぼちぼち、この本読んだらね