読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘つき

なにをしても生きているふりのようになってしまう日だ

寒いからって眠りすぎた。それにしても雪がいっぱいふったね

真新しい雪のうえに雨がざばざばふっているのを見た友人が、

「世紀末みたいだった」って言っていた。世界の終わりかあ

最期に見る風景が雪景色っていうのは、気が利いていていいかもしれない

 

今日は、友人と活版印刷の工房の見学にいく予定でいたんだ

けど、この雪だから中止になってしまって、埋めあわせみたいに夕飯を一緒に食べた

就職活動にくたびれている友人に、「大丈夫だよ」とくり返していて、

言葉を口にする途中で何度か死にたくなった。あ、嘘です、死にたくはない

でも真剣に頑張っている彼女に私(全く頑張っていない)が言えることなど、

本当は何もないのだった

 

頑張って、という言葉が嫌いという人がたくさんいるので、

ちがう言葉を使うようにしている。ムリしないで、とか、なんとかなるよ、とか

でも本当は、そんな上辺だけのことに意味なんてなにもない

考えているふりをして、優しいふりをして、ちょっと安心したいだけだった

頑張って、って、良い言葉だよ。その人の幸せを祈るためにつかう言葉でしょう?

良い言葉なんだよ。そこに真心があれば

 

 

自由になりたい、とか、解放されたい、とか、みんなよく言うけど

わたしたちはいったい何にとらわれているんだろうか

それはいつか時間が解決してくれるんだろうか

お金が貯まれば安心するものだろうか

恋をすれば忘れるものだろうか

ねえ、ほんとうにそう?