読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠しごと

あたらしい日記帳を買いにいかなくちゃ

中学校のころから、すこし上等なノートを買ってみては、気まぐれに

下手な芝居の台詞みたいな、おかしな言葉のメモをしていた

最近になってやっと、日記と呼べるようなものが毎夜書けるようになった

どちらかというと、うれしいことだと思う

 

今まではpaper blanksというところの、

上品で豪奢なノートが好きで、それを3年くらいかけてつかっていたけど、

最近は随分と背伸びしないで言葉をつかえるようになったから、

生身の感情をうけとめてくれるような、気安いやわらかなノートがほしい

 

歩きながら携帯に打つものや、

喫茶店の隅にすわって、鉛筆でスケジュール帳などに書き留めたもの、

そういったものをまとめて活字にしたものを詩と呼んで、

上等なノートに汚い字で書く、出来事や感情の箇条書きを日記と呼んでいる

 

どっちも欠かせない習慣みたいになって、わたしを生活させてくれている

あ。こういった日記は、誰にも見せないでいつか燃やそうと思っているから、

見せてとか、言わないでね

そういうことを言われると、とても怖くて、家に呼べなくなってしまう

 

秘密はできるだけ多いほうがいい

打ち明けるのが楽しいから

 

 

あと、あたらしい便せんも買いに行こう

10年間ほど文通をしている友人がいて、この前の雪の晩、

誕生日にもらったレターセットをつかって、手紙を書いた

封筒は残っているのだけど、文章を書くほうの用紙をほとんど使い切ってしまった

今回は、やさしくて淡いクリームいろのレターセットだったから、

つぎは色をたっぷりつかったものを使ってもいいかもしれない

もしくは、封筒に似合いのものをさがしに行こうかな

 

紙のものを買いに行くために出かけるのは、なんだかそれじたいがとても贅沢な気がして、いい