読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇

ラブレターを読んでいた。

わたしがもらったのでも、書いたのでもないのだけど。

ラブレターのような詩集を、人からもらって読んでいた。

なんだかよくわからないけど、

薔薇ジャムをはじめて食べた日のことを思い出した。

活版印刷の文字の群れを、すっと撫でてみる。

愛って、いいにおいがするな。

さて、もう一冊読んだら、感想のメールを書かないと。

 

よかった、しあわせだ。

 

ようやく春休みが始まったのだから、

しばらくはすきに本を読んでもいいでしょう?

きもちとしては、やっと「クリスマスやお正月が家にやってきた!」

くらいの気分だよ。

きのうお鍋を食べさせてもらいに人の家に行って、お酒をすこうし飲んだのだけど、

すぐに酔いがまわってしまって、油断している証拠だなと思った。

何を警戒していたんだっけ。

いいや、忘れておこう。

今だけは。