読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝いちばん

 

正しい人が目の前で傷ついているのを見るのが嫌だ。

 

嫌で嫌でしょうがなくて、泣いてみたり怒ってみたりいそがしい。

それなのにいつも、その人に間に合わない。

傷ついているのはわたしじゃないのに、どうしようもなく痛む部分があって、

それを生まれてから21年、ずっと持て余している。

どうしろっていうんだ。もういい加減こんなもの捨ててしまいたい。

傷ついた部分を切りとってなかったことにできたら、きっと楽なのに、

引きずったまま歩いて行く。

これだけは捨てられない。

 

今朝、いつもより早く起きて、いつもより早く大学へ行った。

息がしろくて、空気がつめたくて、

まるでたましいが駆け出していこうとしているみたいに、

すばらしい朝だった。

すばらしい朝は、わざわざ手袋をはずして歩きたくなる。

何か特別なものにふれることができそうで。

もっと寒くていい。今年はまだ雪を見ていない。

降ってほしい。

もしも雪が降ったら、

うつくしい雪の朝がやってきたら、

走って行きたいなあ。

どこまでだって走って行きたいなあ。

間に合いたいなあ。

 

誰に。

どこに。

そんなの決まっていないけど。