読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兆し

あけましておめでとうございます。
このブログは年越しまでと決めてたんだけど、どうにも使いやすいから、
たまに書いていこうかなって思います。
特に目的はないんだけど……
こういうのをやってると、先輩とか、あんまり喋らない大学の子とかが、
たまに話しかけてくれて、それがうれしいんだよね。
あと、まったく知らないひとのコメントとかも。
ふしぎな、愉快な出逢いのかたちだよね。
ああそれと、今後こういうテキストを発表するとき、本名をつかおうと思ってます。
べつにどう呼んでくれてもいいんだけど、どうぞよろしく。
 
今日はちょうど1年ぶりに会う友人と町内一周した。
いや……ほんとは喫茶店で優雅にお茶を飲む予定だったんだけど……
やってるかなと思ってた喫茶店がおやすみで……
近くの商店街もまわったけどおやすみで……
お茶会のはずが競歩になっていた。
うっかり町内一周してしまって、最終的には廃校になった小学校の跡地の丘で、
そのへんに転がってたマルタを椅子にしてどら焼きを食べた。
申し訳なかったけどたのしかったな。申し訳なかったけど
ぼんやりしているから、一緒にいるひとをいつも歩かせてしまう。
 
その子は中学校が一緒だった女の子なんだけど、
あの頃は毎日のように電話をして、出かけて、いろんなことを共有していたのに、
今じゃ知らないことが多くて、漠然とした時間の膜のようなものを感じた。
びっくりしてしまった。
 
大人になることも、老けることも、別段こわくない。
幼いことも、こわくない。
でも、たとえば、一週間がいつのまにか終わっているときや、
いつのまにか中学校を卒業して6年たっていると気づくとき、
時間というものが漠然とした不安になって、肌の敏感なあたりに滲んでくる。
こういうよくわからない時間の積み重ねによって、
何かを勘違いしているんじゃないかと、
なにか大事なものを置き去りにしているんじゃないかと思って。