読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝石

 きょうは長年の夢だった、トラックで売ってる石焼きいもを買うことができた!

安納いもっていう鹿児島のおいもらしい。

スーパーの手前に止まってて、すごいがっしりしたおじさんが売ってた。

今日いちばんのお客だからって、大きいサイズのおいもをくれて、

あ!買いものしたってかんじがする!って思った。

こういう温度のあるやりとりがうれしいんだ。

 あったかいかたまりを大事にもって歩いた。

でもこんなすばらしい焼きいも、せっかくだから外で食べたいと思って、

公園のベンチでむいてみて感動した。

ちっちゃい岩みたいな、黄みがかった灰色の皮をめくると、

すごいあざやかな、きんいろの中身が見えて。

その向こうに、故郷の稲穂が揺れて見えたような気がした。

思わず写真を撮ってしまった。(そしてあちこちをイモだらけにした)

 うつくしいものって、どうしてこんなにあっけなく、

目の前にあらわれるんだろう。

毎日毎日、どうやったらうつくしいものがつくれるのか、

美大生は、デザイナーは、アーティストは、必死になって考えているのに。

焼きいもの皮ひとつ、むいてみれば、

それだけでこんなにうつくしいものが見れるんだ。

もちろん、

この焼きいもの向こうには、たくさんのヒトの手間がかかってるって、

わかってはいるんだけど。

 

 なめらかなおいも、とてもおいしかった。

体にいいものを食べたかんじがした。

それから、今日は夜中に友人が泊まりにくるから、

ごはんをつくるために急いで家に帰った。

煮込みハンバーグ、つくります。

体にいいものになるといいな。