読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランプ

 メリークリスマス、みなさん。

 今日は課題をするために図書館に行こうとしたら、

うっかり2時間くらいかかってしまって、へとへとです。

いやね、せっかくだから、行ったことのない図書館に行きたくて。

ついでにさんぽもしたかったから、ちょうどいいかなあと思ったんだけど、

何せ行ったことのない図書館だったから迷ったんだよね。

ずっと玉川上水沿いに歩いていけば、いつか着くかなあと思ってた。

うっかり鷹の台から吉祥寺まで歩きつづけるところだった……。

迷って現地のひとに道を聞いたら、ものすごい説明の上手いひとが教えてくれて、

道案内を生業にしているのでは?と思ったりしつつ、なんとかたどり着けた。

でももう、たどり着くだけでへとへとになっちゃったんだけどね。

まあいっか。きっと動くことが必要だったんだろう。

 

 帰り道に、迷ってる途中で発見した、

すーーごく存在感のあるメルヘンな喫茶店に入った。

なんて言ったらいいんだろう。

こういう、素敵なお店との出逢いって、うまく言葉に変換できない。

ただその佇まいを見ただけで、「ここだ!」って思っちゃう。

ドアが引き戸なのに気づかずにガタガタやってたら、

ご店主さんが出てきてくれて、「さむいから奥の方はいっちゃっていいよ!」って

最初カフェスペースじゃなくて、サロンスペースに通してもらった。

あっ、そんなんでいいんだー。

 そこのご店主さんがおしゃべりなひとで、

ウンターでうんうんって笑いながら話を聞いてたら1時間経ってた。

ハワイには丸亀うどんがあるそう。

 すごく、ものづくりの好きなひとみたいだった。

店内(ご主人が建てたそう)は石造りの壁で、

窓際や机にちらほらと置いてある、ステンドグラスみたいな、

綺麗なガラスでつくられたお花のランプはお手製で、

(このガラスのものづくりは数年ずっとやられているそうで、

ドアや鏡、置物なんかがいくつもあって、

ご自分でファイルにまとめたものを一冊見せてくれた)

ずっと花屋だったから、注文されたらお届けするんです、って言う、

お店のわきにはトケイソウが植えてあった。

生活を愛するってこういうことかなと思った。

 帰りに「がんばってね」と言われて、ひさしぶりに、

「がんばってね」という言葉が、じんわり心にしみこんだ。

おいしかった珈琲の後味みたいだと思った。

こんなに丁寧に生活しているひとに言われたら、そりゃあね。

がんばらないといけないでしょうって、思っちゃうよ。

帰り道、ぜんぜん星は見えないのにどこもかしこも明るく見えた。